仕事を辞めて、旅をする理由。

思い

こんにちは皆さまはじめまして。
私、じゃーとんと申します。

“脱サラして世界一周の旅に出る
シンガーソングライター”です。

簡単ですが、
来歴と自己紹介させていただきます。

  • 名前:じゃーとん
  • 趣味: ギター、サッカー
  • 平成18年 栃木県立の小学校を卒業
  • 平成21年 栃木県立の中学校を卒業
  • 平成24年 栃木県立の高校を卒業
  • 平成28年 首都圏の大学を卒業
  • 平成28年 貿易会社へ入社
  • 平成31年 3年働いた貿易会社を退社、
  • 平成31年 世界一周の旅に出る。 →今ココ!

ご覧の通り、いわゆる The 普通 の私が、
どうしてこんな決断をしたのか、
どうして安定を捨てて旅することを選んだのか。

「やりたいことが見つからない」

「けれど今のままではダメな気がする」

今そんな風に悩んでる画面の前の皆さんの
手助けに少しでもなれれば、
そんなブログを展開していきたいです。

僕の旅に、夢に、自分自身を重ねてくれる。

今まで自分の居場所を探していた僕が、
今度は僕と同じ悩みを抱えた皆さんの
居場所になれれば、
そんな風に思っています。

仕事を辞めて、旅をする理由。

  • 見える未来より、見えない未来
  • なんとなく「こなす」日々
  • 浪費と投資
  • やってみないと分からない。
  • 音楽が好き。いい歌、いい歌詞書きたい。

見える未来より見えない未来

きっとあのままサラリーマンをしていたら、
更に大きなお客さんを担当して、
ジョブローテーションで他部署へ異動になり、
そのあと海外支店に異動、という流れでした。

そして、向こう数年のうちに、
愛する人と結婚して、愛する子供が出来て、
愛する家族の為に更に一生懸命働いて、
幸せな家庭を築いていたかもしれません。

もしそうなれば、誰が見ても幸せな、
確かに立派なサラリーマン人生です。
そのレールに運良く乗りかけていました。
なんとなくではありますが、
それはいずれ僕の前に
訪れるであろう「見える未来」でした。

しかし僕は選びました。
安定とはかけ離れた「見えない未来」を。

だって、まだやりたいこと、
やらなきゃいけないことあります。

音楽でご飯食べていく、という夢、
まだトライもしていません。
成功するためには、
なにか犠牲を払う必要があります。

私が出した払うべき犠牲、
それは「見えている“安定”の未来」でした。

なんとなく「こなす」日々

月曜日、朝眠い目を擦りながら、出社。
来ているメールを処理して、
引合の処理、見積もり、受注処理。
終わらなかった仕事を残業で片付けて、退社。
家に帰ってから、ご飯食べて、お風呂に入って、
録画していたドラマを見る、ゴロゴロする、
漫画を読む。眠くなったら寝る。

火曜日、朝眠い目を擦りながら、出社。
来ているメールを処…..

永遠に続くこの終わりなき「繰り返し」。

「忙しい」だの「疲れた」だのを言い訳にして、
日常に流されて、
いつのまにかただ毎日を「こなす」日々

僕にとって、
それは「生きている、働いている」というより、
「生かされている、働かされている」
という感覚でした。
それなら、自分で自分の人生をしっかり
「生きてやろう」ではないかと。

やりたいことをやる。

それが僕にとっての「生きる」こと。
そう思ったのです。

浪費と投資

大成功して何億、何兆円をも動かす社長にも、
今この瞬間に生まれた赤ん坊にも、
僕にも、そしてもちろん画面の前の皆さんにも、
みんな平等に持っているものがあります。

それが「時間」です。そして、その「時間」は
それぞれが24時間を自由に使うことができます。

睡眠はもちろんのこと、
資格取得のために勉強もできる、
転職のために英語の勉強もできる、
夢を叶えるために一生懸命何かにも取り組める。

平等に与えられたこの「時間」を
殺すも生かすもその人次第なのです。

月曜から金曜日まで、
僕はその”時間“を”労働“に充て、
その対価として手に入れたお金(給料)を、
土日に好きなところに行ったり、
欲しいものを買ったり、
食べたいものを食べたり、
仲間と酒を酌み交わして散財する。

そんな自由に使うことを許された”時間“を、
みな平等に与えられていたその時間を、
僕は“仕事”と“欲を満たす”ためだけに
使っていました。

そんな貴重な、
自由に使うことを許された“時間“を、
ただお金に変える作業。
お金に変換された自分の時間を、
自分の欲を満たす為に使うこと。その繰り返し。

これは僕にとって、
これは時間とお金の「浪費」である、
そう思うようになりました。

自分の貴重な時間を、お金をどのように使うか。
今をどう生きるか。

投資しよう。自分に。

お金も時間も全部自分に注ぎ込んで、
いろいろな人に会って話を聞いて、
その人の文化宗教生活生い立ちなんでもいい。
自分が知らなかったことを知る。
経験・出会いは自分の強みになる。

今まで自分の欲を満たすために使っていた
「時間」と「お金」を、
自分のために、
自分の将来に役立つように使ってみよう。

いつからかそんな風に考えていました。
それ以来、酒を飲みに行く機会もぐっと減り、
常に自分のすべきことを
考えて行動するようになりました。

やってみないと分からない。

でも実際のところ、
旅による経験や出会いが
自分の強みになるかどうか、
それは僕にも、そして誰にも分かりません。
帰国した後、「ああそんなに変わらない」
と思うかもしれません。

けど、やってみなかったら、
成功か失敗かなんて
結論を出すことすらできません。

成果がでなかった、ダメだった。
僕は音楽で食べていくことができない人間だ。

ダメだということが分かったら、
次の方法を考えればいいんです。
失敗は成功の元ですから。

音楽が好き。いい歌、いい歌詞書きたい。

いい歌、いい歌詞書きたいんです。

なぜだかは分からないけれど、
今以上にもっといい曲、いい歌詞を書くには、
世界の端っこから端っこまで、
世の中の上から下まで、右から左まで、
表から裏まで全てを見て、知る必要がある。

なぜか直感でそう思いました。

僕には、こんな歌詞を書きたい、
この人の作詞の脳みそを頂戴したい、
と思うアーティストが2人います。

てっぺんが見えないほど高い山の上にいる
その2人に追いつくために、追い抜くためには、
もっといろいろなものに触れて、
いろいろなものを感じて、知らないことを
どんどん知っていく必要があるんです。

たくさんの人との出逢いと
未だかつてない多くの経験を、
僕はこの旅で望んでいるのです。

つらつらと書き連ねましたが、
結局のところここに落ち着きます。

音楽が好きだ。
音楽をやりたい。

世界一周をして、いろいろな人に出逢い、
いろいろな経験をする。
その全てを自分の歌に、歌詞に注ぎ込む。

一生懸命夢に向かって打ち込める
環境を作れました。
これからはどんどん夢に向かって、
自分のやりたいこと、すべきことに向かって
突き進んでいくのみです。

このような決断の大きな支えになったのは、
多くの人が背中を押してくれたこと、
相談に乗ってくれたこと、
そして3冊の本でした。


今回記した内容と大きく似通っている
(もしくはほとんど同じ)部分がありますが、
僕はこの本達に
それほどまでに大きな影響を受けました。

著者の公式サイト、
もしくはレビューサイトのURLを
参考に添付します。

皆さんにも是非読んでもらいたいので、
下記にて紹介します!

—————————————————

①上京物語
著者:喜多川泰
http://tegamiya.jp/reading/works/5891

<こんなストーリー> (上記URLより引用)
成功を夢見て上京した青年、祐介。
いい暮らしがしたい。
かっこいい車に乗りたい。
自分の家が欲しい。
誰もが思い描く「理想の人生」を
追い求めていたはずだったのだが……

大きな希望に胸を膨らませながら
人生のスタートラインに立ったのに、
みんなが当たり前だと思っている常識に
流されて生きていくうちに、
いつのまにか夢を忘れ、
「こんなはずじゃなかったのに……」
と後悔する。
そんな多くの人が陥りがちな生き方を
打ち破るには、何をすべきなのか?
本当の幸せをつかむための考え方、
心の持ち方とは?

父から息子へ贈る渾身の手紙によって、
夢を実現する「成功者」の生き方が
少しずつ解き明かされていく!

—————————————————

② アルケミスト 〜夢を旅した少年
著者:パウロ・コエリーリョ
https://www.motivation-up.com/whats/alchemist.html

<こんなストーリー> (上記URLより一部引用)
羊飼いの少年サンチャゴが
夢を追いかけて旅に出て、
様々な出会いの中で人生の知恵を
学んでいくという物語。
「自分の夢や人生を探求して生きるのか、
それともそれを諦めて生きるのか?」
ということについて深く考えさせられました。

—————————————————

③「原因」と「結果」の法則
著者:ジェームズ・アレン
https://www.flierinc.com/summary/1065

<こんなストーリー> (上記URLより引用)

原因と結果の因果関係が、「環境」や「健康」、
「成功」などのテーマごとに書かれており、
読み進めるにつれて、
いかに私たちがシンプルな世界に
住んでいるのかに気付くはずだ。
「原因と結果の法則」はビジネスのみならず、
プライベートでも活かすことができる。
誰もが望んでいるであろう
「成功」や「穏やかな生活」を
手に入れるヒントを学びとり、
より豊かな人生を送るためのバイブルとして、
何度も読み返していただきたい。

—————————————————

ブログ、YouTube, Twitter、Inetagram等
のSNSをアップデートしていく予定ですので、
フォロー、いいね!等よろしくお願いします!


コメント

タイトルとURLをコピーしました