【高校受験】

金持ちで、優しくて、それでいて美女で巨乳

中学サッカーを引退し、
いよいよ高校進学に向けて、
学校選びと受験勉強を始める時期になった。

さて、どこの高校に行こう。

選択肢で1番最初に浮かんできたのは、
「サッカーの強豪高校で普通科」
だった。

やはり当時もすでに
あのときの悔いがあったのだろう。

戦わずして負けた、そして
敵前逃亡したあの小学校時代の
セレクションのことを。


「戦わずして負け、挑戦すらしなかった」
「レベルの高いところに挑んでみないといけない」


その思いがずっとあったことは間違いなかった。
ただ、その一歩が踏み出せなかっただけで。

だからこそ僕は
次こそはとレベルの高いところでサッカーを続ける。
その選択肢を選んだのだろう。

私立に行く気はさらさらなかった。
ごく普通の一般家庭だったから、
私立に行くようなお金はない。
それに3兄弟の末っ子でもあったから、
私立に行って親を苦労させてはいけないと思っていた。

公立高校でサッカーの強いところに行こう。
そして高校サッカーの中で1番大きい大会である、
冬の選手権大会で国立のピッチに立とう。

サッカー少年なら誰もが憧れる道だ。

最初の進路相談のとき、
そう固く決意したのを覚えている。

そして、真先に浮かんだのが
埼玉県にあるU高校だった。

Jリーガーや日本代表を輩出している名門。

国立を目指すなら、
やはり実績のある高校に行くのが、
1番の近道であるから。

そして運の良いことに偏差値的にもちょうどいい。

サッカーはチームスポーツ。
弱小校に入学して1人の力でチームを国立のピッチへ
連れて行くような漫画みたいな話はありえない。

僕はそう思って、
学校に提出する進路希望用紙に
「第一志望 U高校」と書いたのである。

ちなみになぜ“普通科”だったかというと、
ただ単に専門的に勉強したいことがなかったのと、
3年後進学時に潰しが効きそうだった、というだけである。

しかしその数時間後に、
早々とこの道を諦めることになる。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は F10AFCF0-D018-4811-B2D1-1D49E6FABF2F-1024x768.png です

「その県に籍がないと進学はできない」
ということが判明したのである。

もちろん僕はチャキチャキの栃木県民だったし、
埼玉県に親戚もいなかった。

つまり、栃木県民だった僕は、
公立高校に絞ると「栃木県」しか選択肢がなかったのである。

”私立“という選択肢が絶対になかった僕にとって、
あっという間に選択肢は1つに絞られた。

「栃木県内の公立高校」だ。

「できる」理由ではなく、「できない」理由探し

しかしながら、
栃木県内の公立高校でサッカー強豪校となると、
なかなか難しかった。

そもそもどこの県でも強豪校は、
圧倒的に私立の方が多い。
そこに加えて、全国大会出場経験のある
栃木県の県立強豪高校は実業高校ばかりだった。

普通科に行きたい。
というより興味のない他の科に行きたくない。

今ここで普通科以外の
工業系や商業系を選んでしまったら、
半ば将来が決まってしまいそうで、
それをもう少し先延ばしにしたかったのかもしれない。


道はどんどん狭くなって行った。


“金持ちで、優しくて、それでいて美人で巨乳のいい女”なんて
やはりなかなか見つからないのである。

じゃあ巨乳は諦めようか、と
全国大会出場レベルではなく、
栃木県内でベスト4−8くらいに入るM高校はどうだろうか!
と調べてみた。

県の予選でベスト8以上に何度も出場している。
それでいて普通科だ。

よし!いい女だ!
と思ったが、当時の僕の偏差値を10以上あげないと
そこの高校には合格できそうもない。

「偏差値10なんて俺には無理だ・・・」

勉強も大嫌いだったし、
あと半年でそんなに点数を上げられる訳もない。
偏差値を10あげるなんて超人技だ。
今冷静に考えても難しいことだと思う。

僕はここで人生2回目の戦わずして負け宣言をする。
勉強を頑張ってみた訳でもなく、
挫折を味わった訳でもない。

僕はまたやってしまった。


一生懸命勉強したけどダメだったわけでもないし、
そもそもチャレンジしてもいない。


「どうせ自分には無理だ」
と戦うことすら諦めた。

自分の夢のためなら、
国立のピッチに立つためなら頑張れよ、
と思う方も多いことだろう。

しかし、偏差値10アップというのは
当時の僕は絶対に越えられない壁だと思ってしまった。

一生懸命頑張ったってできるかどうかも分からない。
例え半年勉強しても10上がるかなんて分からない。

報われるかも分からない努力を続けられない。
頑張ったら必ず報われるかどうかなんて保証されていない。


失敗することが怖かった。
失敗した訳でもないのに

僕は「できる」理由ではなく、
「できない」理由を探しては自分を納得させた

身体が小さいから合格なんて無理だ。

私立に行くなんて無理だ。

普通科じゃないなんて無理だ。

半年で偏差値10アップは無理だ。

結局行きたい高校も特に決まらず、
淡々と日々は過ぎて行く。

特に明確な目標もないから、
勉強もほとんどしなかった。

「なんとかなるだろう」と鷹を括って、
全く勉強もしなかった僕は、
最終的に「そろそろ勉強しないとやばい」と
お正月頃から塾に通いなんとか点数をあげ、
家から近いごく普通科の高校へ進学した。

たった3ヶ月だけの受験勉強だったが、
一丁前に頑張ったプライドだけはあった。

努力が報われると嬉しいものだった。
無事合格し、来たる高校生活を心待ちにしていた。

その頃には、
あの金持ち巨乳優美女のことなどとうに忘れていた。

こうして僕は2度目の“チャンス“を前に敵前逃亡、
中学生活に幕を引き、高校生活をスタートさせた。

次の記事は高校生時代!


タイトルとURLをコピーしました